MAIL MAP
  • Home>
  • News Releases>
  • 「クローゼットの洋服事情」アンケート結果レポート

News release

クローゼットの中には20万が眠る!?
本当に着る服、あなたは何着ありますか?
【ブランディア利用者対象アンケート調査結果】

株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は、2019年11月15日(金)~12月31日(火)の期間において、「クローゼットの洋服事情」についてのアンケート調査をブランディア利用者を対象に実施しました。

Q. 1着の洋服にかけられる金額は?

1着にかけられる金額

◆「1万円以内」が約50%の結果に
およそ半数が1着にかけられる金額は1万円以内と回答。
中でも3,000円以下という回答が30%を超え1位という結果に。2019年10月には増税も始まり、財布の紐は堅い様子。一方で2番目に多い結果となったのが2万円以上。アウター類には奮発するという声も見られました。

Q. クローゼットの中によく着る洋服は何着くらいありますか?

よく着る服は何着ありますか?

Q. クローゼットには何着くらい洋服がありますか?

クローゼットに何着ありますか?

\平均はなんと65着!/

◆クローゼットには出番がない洋服は平均65着!「数え切れない!」
よく着る洋服は10着以下、という回答がおよそ半数を占める結果に対して、
クローゼットの中には10着以上保管しているユーザーがほとんど。
100着以上保管していると回答した人もなんと 30%という結果になりました。
全体の平均は65着。1着購入平均3,000円と考えると、 クローゼットの中には20万近くの資産が眠っていることになります。
中には「数えきれない」「数えるのがこわい」という声も見られ、クローゼットには出番が回ってこない洋服が非常に多く眠っていることが伺えました。

【調査概要】

  • テーマ:クローゼットの洋服事情について
  • 調査方法:WEBアンケート調査
  • 調査対象:ブランディアを利用したことのある方
  • 調査期間:2019/11/15(金)~2019/12/31(火)
  • 有効回答数:150人

ブランディア利用者の特徴

【ブランディア利用者の特徴】

  

【ブランディア】

https://brandear.jp/

【ブランディアオークション】

https://auction.brandear.jp/

【本件についてのお問い合わせ先】

株式会社デファクトスタンダード広報 菅原(すがわら)
メール:press@defactostandard.co.jp
TEL:03-4405-8177 FAX:03-3764-5986