MAIL MAP

ニュースリリース

ブランディア、ランドセルを海外の子どもたちに届ける国際協力NGOジョイセフの“思い出のランドセルギフト”3月2日より寄付企画を開始

ダンボールの「あまったスキマ」で海の向こうへ送る思い出のランドセル

ブランド品宅配買取サービス「ブランディア」を運営する、株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は、2020年3月2日(月)~2020年4月30日(木)までの期間、「アフガニスタンの子どもたちへランドセルを送る“思い出のランドセルギフト”~ダンボールの“余ったスキマ”を有効活用~」を実施いたします。当社は、社会貢献活動とともに「モノを大切にすることを広く知ってもらいたい」という想いから、2010年よりこれまでにジョイセフを通じて2,917個のランドセルを海外の子どもたちにお届けしてまいりました。今回で8回目の企画となります。


◆「思い出のランドセルギフト」とは

思い出のランドセルギフトとは、日本での6年間の役目を終えたご家庭のランドセルを国際協力NGOジョイセフ(以下「ジョイセフ」)を通してアフガニスタンに寄贈し、現地の子どもたちの就学を支援する活動です。現地の子どもたちは、ランドセルを学用品を入れて持ち運ぶだけではなく、屋外で授業を受ける際の机代わりとしても活用しています。子どもたちが学校で学び、読み書きができるようになることで、自分や家族の健康を守る知識や情報を身につけられるようになることを目指しています。

【国際協力NGOジョイセフ:https://www.joicfp.or.jp/

寄附


◆寄付累計個数2,917個ランドセル寄付再開の背景

回収結果

思い出のランドセルギフトを始めとするブランディアの寄付活動の取り組みは、今回で9回目となります。思い出のランドセルギフトを通してこれまで寄付したランドセルの累計個数は2,917個となります。

当社のサービスは、いらなくなった洋服を「宅配買取」を通じてお買い取りし、誰かにとって新しい価値へと生まれ変わる機会を「ブランディアオークション」をはじめとする複数販路にて提供しています。今後は特に海外に販路を拡大し、マーケットに応じて販売価格を適正化させることで買取価格にも還元し、お客様の満足度向上を図っていきたいと考えています。
当社はこれからも、独自サービスやジョイセフをはじめとするパートナー団体・企業様、そしてご利用されるお客様とともに循環型の社会を目指し、「持続可能な開発目標」へ貢献していきます。

※第2弾(2010年)実施のピアニカ(鍵盤ハーモニカ)は、「認定NPO法人JHP・学校をつくる会」を通じてカンボジアへ寄付
※第3弾(2011年)実施のグローブは、「日本プロ野球名球会」を通じて、宮城県気仙沼市の東日本大震災の被災地へ寄付


◆「思い出のランドセルギフト」への参加方法

【ランドセル回収受付期間】
2020年3月2日(月)~2020年4月30日(木)
※査定希望のお品物と一緒にお送りください。
※ランドセルの海外輸送費募金(1,800円)ブランディアでお支払いいたします。
【受付詳細ページ】
https://brandear.jp/ct/csr/activity
【ランドセル送付方法】
1.査定希望のお品物(1点以上)とランドセルを同じダンボールに詰める
2.査定申込書の余白に「ランドセル」と明記して、ダンボールへ同封する(※査定申込書は宅配キットと一緒にお届けします。)
【注意事項】
※金具やベルトの破損など、通常の使用が困難な状態のランドセルの送付はご遠慮ください。
※豚革は宗教上の理由で送ることはできません。ランドセルについているお守りや防犯ブザーはあらかじめ取り除いておいてください。
※お申し込み時に「大ダンボール」もしくは「箱を自分で用意」を選択してください。

【ブランディア】

https://brandear.jp/

【ブランディアオークション】

https://auction.brandear.jp/

【本件についてのお問い合わせ先】

株式会社デファクトスタンダード広報 菅原(すがわら)
メール:press@defactostandard.co.jp
TEL:03-4405-8177 FAX:03-3764-5986