• ホーム>
  • ニュースリリース>
  • 「廃棄0プロジェクト」第3弾として値段がつけられない廃棄衣料の無料提供を開始ハンドメイドやリメイクの材料に、再利用を促進

ニュースリリース

「廃棄0プロジェクト」第3弾として値段がつけられない廃棄衣料の無料提供を開始ハンドメイドやリメイクの材料に、再利用を促進

2020年9月29日

BEENOS 株式会社(東京都品川区 代表取締役:直井 聖太、以下(BEENOS)の連結子会社であるブランド品宅配買取サービス「ブランディア」を運営する、株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は、2020年9月29日(火)より、サービスから出る「廃棄0」を目指す取り組みの一環として、査定で値段のつかなかった衣料等を、リメイクやハンドメイドを行う方々の素材として、無料で提供いたします。取り組みは「#廃棄0プロジェクト」としてSNSを通して拡げてまいります。

値段がつけられない廃棄衣料の無料提供を開始ハンドメイドやリメイクの材料に

◆「#廃棄0プロジェクト第三弾 素材提供」について

当社はSDGsの取り組みとして、2020年4月に、宅配買取サービス「ブランディア」にてお値段がつけられず、これまで廃棄せざるを得なかった衣料を、独自のリサイクル手段を通じて削減していく「#廃棄0プロジェクトを掲げました(https://www.defactostandard.co.jp/sdgs/haiki0/)。衣料は主に、市場価値の低下や取扱い対象外、状態が著しく悪く再販が困難であることなどを理由に廃棄されておりますが、当社は、2030年までにサービスから出る「廃棄0」を目指しています。
「#廃棄0プロジェクト」では、まだまだ外出自粛が続く中、ハンドメイド人口と素材仕入れ価格の関係に着目しており、これまでハンドメイド作家さんへの提供や金沢文化服装学院との連携を行ってまいりましたが、第三弾では一般の方への提供を開始、手軽にハンドメイドをはじめ始めることで、外出自粛時のておうち時間を充実させてほしい、また外出せずとも素材の仕入れを可能とする支援をさせていただくことで作品が増え、廃棄素材に新しい価値をつけるサイクルを生み出したいという思いでより、素材を無料で提供いたします。
衣類は市場価値が低下し、当社では現時点で再販は難しいものの、素材として活かすことが可能なものを対象として、ブランディアのサービスをご利用されたことがなくてもい方でも利用が可能です。ブランディアは、サービスを通してモノの価値を循環させることで、持続的な社会の実現の一助となることを目指してまいります。

◆「#廃棄0プロジェクト」第三弾 概要

ブランド品宅配買取サービス「ブランディア」運営を通して集められたものの、査定時に値段がつかず、これまで廃棄せざるを得なかった「値段がつかなかった衣料品」をリメイクやハンドメイドの素材として活かし、新しい作品として価値を与えてくれる方に無料で提供いたします。

本取り組みは、当社に在籍する従業員や在宅ワーカーを対象に素材提供の募集をかけ、およそ50名の方が参加し、デニムやTシャツなど、ハンドメイドに使用できそうなものを中心に、素材の仕分けや発送のオペレーションを組み立て、実現いたしました。

【ブランディア】

https://brandear.jp/

【ブランディアオークション】

https://auction.brandear.jp/

【本件についてのお問い合わせ先】

株式会社デファクトスタンダード広報 友寄(ともよせ)
メール:press@defactostandard.co.jp
TEL:03-4405-8177 FAX:03-3764-5986