MAIL MAP

サービスから出る廃棄0への取り組み

2030年までに「廃棄0」を目指します。

デファクトスタンダードが目指す「サスティナビリティ」

「サスティナブル」は「ずっと続けていける」を意味します。 わたしたちの世代のみならず、未来を生きる人々も平和で豊かに暮らし続けていける社会が「サスティナブルな社会」です。そのためにリユース業界にいるわたしたちができること。貧困、環境問題、ゴミ問題、働き方、健康。
どこかで聞いたことがある問題と思わず自分ごとに。先進国である日本こそ背けてはいけない課題です。
デファクトスタンダードはファッションからサスティナブルの取り組みを支援します。

現在抱えている問題

日本国内の衣類総数と処分方法

【1年間に約70万トンの衣料品が捨てられています】

1年間に日本国内で流通する衣料品のうち、3R(リサイクル・リユース・リペア)の割合は約26%。
そのうち7割程度が廃棄されているのではないかと思われます。
また、「使わないけど、自宅に眠らせている」と回答した人は衣料品・服飾品は54.6%、ブランド品は60.3%という結果が読み取れます。衣料品の廃棄は、業界においても大きな問題です。ブランディアは、今後もパートナー企業様とサスティナブルな選択肢の幅を広げていきたいと考えています。

【参考】
独立行政法人 中小企業基盤整備機構「繊維製品3R関連調査事業」報告書
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/6020255/www.smrj.go.jp/keiei/dbps_data/_material_/common/chushou/b_keiei/keieiseni/pdf/53267-01.pdf
環境省「データで見る消費者とリユース」
http://www.env.go.jp/recycle/circul/reuse/confs/tokuhon_2.pdf

「廃棄0」の実現に向けて実行していくこと

1. 1着を長く大切にするために、よりたくさんの人に提供できるような仕組みにします。

ブランディアは、お客様がいらなくなった衣料品を「宅配買取」によって買取り、他の誰かにとって新しい価値へと生まれ変わる機会を「ブランディアオークション」をはじめとする複数のECサイトを通じて提供しております。
今後は特に海外に販路を拡大し、マーケットに応じて販売価格を適正化させることで買取価格にも還元し、お客様の満足度向上を図っていきたいと考えています。

2. 形をなくしても、素材としての活用方法を見出します。

状態が悪くなったとしても、素材の特徴や良さが残っていることがよくあります。「最後の最後まで使い切る」手段を見出し、ものとしての価値に向き合い、リサイクルを推進していきます。

3. サービス工程や私たちの挑戦を明確にします。

お送りいただく衣料品を私たちがどのように触れて、見て、値段をつけていくのか、新しい選択肢の中で衣料品がどのように形を変えていくのか、私たちの新しい挑戦を明確にしていきます。

4. 廃棄品削減のための啓発活動をします。

お送りいただく衣料品の中には「品質表示タグ」を切り取らなければお買い取り可能なものや、加工していなければ買取基準を満たすものが多数あります。品質自体に問題はないのに、買取サービスでは「買取出来ない」衣料品を減らすための啓発活動を行います。

廃棄品の内訳

集計期間:2020年2月

査定数全体に対する廃棄率

グラフ1:廃棄と買取・返却の割合

廃棄の理由

グラフ2:廃棄の理由と割合

廃棄品のジャンル内訳 上位20ジャンル

グラフ3:廃棄が多いジャンル上位20と割合

サービスから出る廃棄率はおよそ6%、物量としては約1万点になります。

廃棄になる理由としては、市場価値の低下により再販が厳しくなってしまったものが最も多く、ここにおいては素材自体はまだ使用可能な状態のものもありますので、リメイクや服飾専門学校への素材提供という形で再利用予定です。

状態が著しく悪いものや、品質表記・ブランド表記が不明なものは、お客様にも予めご確認いただき、ご自宅で再利用、再活用可能な方法をご提案していく予定です。

廃棄理由ごとのジャンル内訳

「状態が著しく悪い」ために廃棄された品 
上位10ジャンル

グラフ4:「状態が著しく悪い」ために廃棄された品 上位10ジャンルと割合

「品質表記の不備」のため廃棄された品 
上位10ジャンル

グラフ5:「品質表記の不備」のため廃棄された品 上位10ジャンルと割合

廃棄数の多い素材 上位10種

グラフ6:廃棄が多い素材 上位10種と割合

廃棄ジャンルにバッグが多いため、素材別の廃棄率としては、レザーやナイロンの比率が高くなっています。

また、明らかにそのブランドとわかるロゴや柄が入ったものは、形を残した素材としての再利用は難しいため、燃料等へのリサイクルが考えられます。